会社情報

健康・安全・安心な豚肉 - 「米の娘ぶた(こめのこぶた)」- 米とホエーの至高の風味 >

会社商号 株式会社 大商金山牧場(たいしょうかねやまぼくじょう)
代表者 代表取締役社長 小野木重弥
本店所在地 山形県酒田市京田二丁目53-5
電話番号 0234-43-8629(代)
FAX番号 0234-45-1018
設立 昭和54年7月
資本金 10,000万円
事業内容 豚・生産飼育業務
豚肉脱骨・整形及び部分肉製造業務
業務用食肉アウトパック業務
食肉・加工食品卸売業務
生鮮食品・米穀の販売

生産者名 米の娘ファーム(旧金山最上牧場)
住所(所在地) 山形県最上郡金山町下野明字下野明向955-1
電話 0233-64-3929
FAX 0233-52-7729
URL -
e-MAIL -
母豚 600頭 品種 ハイポー
雄豚

6頭

品種 ハイポー
種豚の交配の方法 人工授精 全部
去勢の時期 3日目~7日目の間
仔豚の離乳日 3週目(21日)
豚舎で使用する消毒剤の名前 アストップ
豚舎で使用する洗浄剤の名前 未使用

豚舎での飼育方法
オールAI(人工授精)
人工授精用精液 自家採取
PS種豚 自家育成
ウインドレス豚舎
オールイン・オールアウト方式

現在使用しているワクチンプログラム状況
種類 メーカー名 使用方法・期間
ARBP-ME 日生研(株) 萎縮性鼻炎の予防 導入5週目、交配70日齢、91日齢に筋注2ml
リタガード ファイザー 大腸菌、クロストリジウムの予防 交配70日齢、91日齢に筋注2ml
TGE、PED混合ワクチン 日生研(株) 豚伝染性腸炎、流行性下痢の予防 交配77日齢、99日齢に筋注2ml
デクトマックス ファイザー 駆虫の為 導入初日、交配84日齢に筋注3ml
日脳・パルボ混合ワクチン 京都微研 日本脳炎・豚パルボの予防 導入1週目、4週目、分娩後10日に筋注1ml
エリシールド ノバルティス 豚丹毒の予防 導入2週目、5週目に筋注2ml
豚丹毒生ワクチン 日生研(株) 豚丹毒の予防 仔豚に分娩50日齢に筋注2ml

飼料の使用状況
ステージ メーカー名 品名 使用期間 抗生物質名
繁殖期 北日本くみあい飼料 金山種豚72 繁殖舎の豚に全て  
餌付け期 同上 HP子豚えつけ 分娩後の仔豚
5日~10日
アビラマイシン40g力価/t
硫酸コリスチン40g力価/t
クエン酸モランテル30g/t
人工乳前期 同上 ヘルシーピッグ2 仔豚
10日~21日
同上
人工乳後期        
仔豚期 同上 ヘルシーピッグ3 21日齢~35日齢 同上
同上 仔豚Aマッシュ 35日齢~65日齢 アビラマイシン20g力価/t
硫酸コリスチン20g力価/t
クエン酸モランテル30g/t
肥育期 同上 金山肥育B EX 65日齢~ なし
同上 金山肥育C EX   なし

餌に混合している添加物
品名 使用期間 区分(抗生物質・ビタミン剤・整菌剤)
動物用シノラール散2ST
分娩舎移動日~分娩後7日間
細菌性下痢症・胸膜性肺炎の予防
1日15g
アイブロシン1% 母豚に添加 流行性肺炎の予防 1日15g

飲料水状況 井戸水
注射針の管理方法と使用方法 ・折れた針は毎日確認をして在庫の管理をしています。

・豚の体内に入った時は、カード記入とタグを打って出荷します。(母豚、雄)

・仔豚、50日齢の豚丹毒の注射時の混入は、必ず解る豚にはタグを打って出荷。解らなくなったら、グループ全ての豚を疑いとして、報告出荷を徹底します。

このページのトップへ戻る