Now Loading...

Now Loading...

山形県産 米の娘ぶた

MENU
オンラインショップ 楽天市場店
安心・安全をいつまでも

米の娘ぶた おいしさのひみつ

最先端の衛生設備でカット

安心・安全なこと

最先端の衛生設備でカット

「米の娘ぶた(こめのこぶた)」は、安全衛生にも細心の注意を払っています。 豚肉の安全性を保つためには、牧場での衛生管理はもちろんのこと、カット工場の衛生管理も同じくらい重要になります。

「米の娘ぶた(こめのこぶた)」は、食品安全マネジメントシステムの国際標準規格である「ISO22000」を認証取得した「大商金山牧場カット事業部」にて各部位ごとにカットを行い、お客様に安心・安全なお肉を提供できる体制を整えております。また、平成30年3月には、公益社団法人中央畜産会より山形県内の養豚牧場の中で初となる「農場HACCP認証」牧場であることを認められました。

※ISO22000とは、HACCPの規格・基準にISO9001のマネジメントシステムを組み合わせた、新しい食品安全の国際基準です。

大商金山牧場ミートセンター

大商金山牧場ミートセンター

抜群の鮮度でハイレベルな衛生管理

「大商金山牧場ミートセンター」は、山形県の庄内地方にあると畜場「庄内食肉流通センター」と建物が併設していますので、と畜から枝肉のカット、部分肉の製品出荷まで外気に触れることなく完結でき、高いレベルの安全性を保つことが可能なのです。

大商ミートセンターの徹底した衛生管理体制の一部
ミートセンター(カット事業部)の徹底した衛生管理体制
  • 1時間毎にゴム手袋交換・確認
  • 2時間に1回まな板の交換を実施
  • 休憩時に、使用したナイフ・シャープナーを殺菌槽(85℃以上の湯温)に浸透させ細菌を除去
  • モニタリング記録を作成し決められた手順にて測定
  • ベルトコンベア回転時にオゾン水でベルトを洗浄・殺菌
  • 作業終了後、炭酸次亜温水で工場内を洗浄・殺菌
  • 夜間、工場内へオゾンガスを噴霧し、殺菌・消臭

豚肉のトレーサビリティ(生産者履歴)システム

豚肉のトレーサビリティ(生産者履歴)システム

お肉の出どころもしっかり管理

「米の娘ぶた」は、トレーサビリティシステム(生産履歴管理システム)で、品種や飼料の特徴などすべて履歴を残しております。
現在、牛肉はトレーサビリティ(生産履歴管理)が法律で義務付けられていますが、豚肉は義務化されていません。それでも「米の娘ぶた」は、お客さまに安全な豚肉をお届けするため、豚肉トレーサビリティシステムを全国で初めて導入して、農場から育て方までしっかり管理。安心なお肉をお届けしております。

オンラインでのトレーサビリティについて

オフィシャルサイト上でも製品の履歴照会ができる独自のサービスを提供してまいりましたが、このたび、より多くの消費者の方が利用する汎用的な仕組みに一元化するため、平成30年度より一般社団法人 日本養豚協会(JPPA)が提供する、国産豚肉・農場トレーサビリティシステム「豚トレ」を利用することといたしました。

「豚トレ」ウェブサイト

※平成30年7月現在、移行準備中となっております。ご利用可能になるまで今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

品質・安全への取り組み
  • おいしいこと
  • 「エコ」なこと